夫がうつで無職でつらいブログ

夫がうつ病で無職、専業主夫になってしまった。辛い副業、女の子の育児・子育てにがんばるブログ。闘病記・体験談あり。ぜひ読んで下され。 

スポンサーリンク

かわいい子供の言い間違いあるある、パート4

スポンサーリンク

かわいい子供の言い間違い

子供はよく言い間違いをするものですが、うちの子はちょっと多い。

 

多すぎるし、バカすぎる。

 

最近の話から、長女ナナが中学生の昔話まで集めてみました。

 

 

ナナが中1のころの言い間違い

ナナ(当時中1)が、めずらしく勉強をしていました。

 

理科の教科書を見ながら、なにか悩んでおりました。

 

「ナガヤマ? ナガヤマ? リュウザン? え、なんて読むんコレ。」

 

あいかわらずブツブツうるさいので、見てやるか。

 

「なんや、ナガヤマって。 どういう漢字・・・・・・」

 

 

 

 

 

 

氷山 言い間違い

フリー素材ぱくたそより引用

 

 

氷山」 やんけ !

 

ナガヤマってなんや。


つぎ言ったら北極圏へぶっ飛ばす。

同じくナナの言い間違い

またナナが中1のころ。

 

彼女が、人が聞きたくない話ナンバーワン「昨日みた夢の話」 をしておりました。

 

その中に、変な単語が。

 

イキレーがね、イキレーが・・・・・・」

 

なにそれ?

 

イキがよさそうな。

 

キレイなような。

 

ようく聞いてみると。

 

 

 

 

 

 

 

生霊 言い間違い

フリー素材ぱくたそより引用



それ、生霊だから!

 

イ・キ・リョ・ウ!

 

中1にもなって、お父さんは悲しくて突っ込めません。

スポンサーリンク

 

またまたナナの大間違い

またナナが中1のころ。

 

テレビで、たまたまイギリスの風景が流れていました。

 

「ん~、定年したらぶらり途中下車の旅なんかしたいね~」と嫁さんと話しをしていると。

 

またまた地球、地理のことをまったくわかっていないナナが話に入ってきました。

 

「イギリスってナニタイ?」

 

は? ナニタイ?

 

「えーと、なんじゃそりゃ?」

 

「だからー、亜熱帯とか」

 

イギリスを、こともあろうに亜熱帯!

 

亜熱帯 言い間違い

出典:CIC TOURSサイト より引用

 

よーく勉強なさっててとても素晴らしい。

 

ロンドンはどちらかというと寒いのです。

 

次言ったら、熱帯地方にぶっとばす。

また長女ナナの言い間違い

ナナが中1のころ、英語の教科書を見ながら、なにか悩んでおりました。

 

アクティオン? アクティオン? え、なんて読むんコレ」

 

あいかわらずブツブツうるさいので、また見てやるか。

 

「なんじゃ、アクティオンって。どう書くんや・・・・・・」

 

「じゃけえ、 A、C、T、I、O、N。」

 

 

 

 

 

 

 

アクション 言い間違い

出典:wallhereサイト より引用

 

 


それは「アクション」じゃ !

 

アクティオンてなんや!

 

宇宙機動戦士か!

 

 

そんな彼女は高3で、英検2級をとりました・・・・・・

スポンサーリンク

 

都道府県クイズ

46都道府県!」

 

と嫁さんが叫んだのは、つい最近のことである。

 

さて、日本地図パズルがだいぶ出来るようになってきた次女チー(当時6才)が、床に日本地図を広げて眺めていた。

 

次女チー 6歳

 

そこへ、長女ナナがやってきた。

 

そして、いらんことにクイズを出題し始めた。

 

「都道府県クイズっ!

さあ、ここは何県でしょうかっ!?」

 

指さされた場所を見て、チーは困った表情を浮かべた。

 

「さあっ!

ここは何県っ!!」

 

日本地図 言い間違い

フリー素材Frameillustより引用

 

問い詰めるナナの勢いに、チーはますます困った表情を浮かべた。


しょうがないので、僕が助け舟を出した。

 

「あのう・・・・・・そこは県、じゃなく“道”だけと思うけど?」

 

ナナは一瞬「しまった!!」というような表情を浮かべた。

 

しかしナナはあわてず次のように言い直した。

 

「都道府県クイズ!!

さあ、ここは何道!でしょうかっ!?

 

えっ・・・・・・。

 

負けるな、チー。

チーは携帯電話が欲しい

チーが6才のころ書いた、自分用のオリジナル携帯。

 

そのころスマホはまだなかったです。

 

携帯電話 勘違い


こいつは最新型で、⑩⑪⑫まである。

 

緊急の場合は、ワン・プッシュでサークルK

スポンサーリンク

 

ナナはいまだに言い間違い

ニュースで夏の甲子園の結果を放映していました。

 

各校の試合結果がぞくぞくとテレビに映ります。

 

ナナ(現在高3)「は?トウトウキョウ?どこそれ?」

 

 

甲子園 言い間違い

フリーフォト写真ACより引用

 

それは「東東京」!

 

ヒガシトウキョウと読みます。

 

学校が多いので西と東に分けてるだけです。

 

人前で言わないように。

おまけ チーの願い事(War is Over)

チーちゃんが、終戦記念日にでも書いたのでしょうか。

 

短冊


せんそうがおきませんように

 

6才の保育園児でさえ、そう願っていたというのに。

 

国後島で戦争発言をした丸山議員に見せてやりたい・・・・・・

まとめ

 

・うちの婆さんや爺さんら年寄りが、言い間違い、言葉が出ないことが増えてきました。

 これは老化なのでしょうがない。

 いずれ自分たちもそうなるでしょう。

 認知症にならないよう気をつけるばかりです。


 今でも「アレ、アレは誰だっけ?顔はわかるが名前が出てこない」がすでに始まっています。

 

・言い間違い、大間違いは、なぜかだんぜん長女ナナのほうが多い。

 次女は少ない。

 性格によるものか、長女を見て学んでいくのでしょうか。

 

・結局、親が直さなくても勝手になおるのでほおってます。
 しかし、どんどん新しい言い間違いが増えていきます。

 でも笑いネタにして、気にしないことにしています。

 勝手に直ります(たぶん)

 

 

スポンサーリンク

 

 

【おすすめ記事】も見てみる

www.fuku-utsuo.work