うつ病で引きこもり専業主夫の日々・育児ブログ

うつ病とアルコール依存症をわずらった無職、専業主夫のつらい父さんがイクメンになろうと家事や子どもの育児子育てに奮闘する 。闘病記・体験談あり

スポンサーリンク

訪問看護は本当に必要なのか?看護が必要な人、不要な人

スポンサーリンク

訪問看護の訪問

目次

 

月曜日、朝9時45分。

 

玄関のピンポンが鳴るより先に、玄関の外の気配にトイプードルがキャンキャン吠え始める。

 

自分の部屋から2階の玄関へ出向き、2つの鍵を開け、ドアを開けると、2名の訪問看護スタッフの姿がある。

 

いらぬことにトイプードルまでが2階へ駆けあがってきてキャンキャン鳴き、必ずウレション(犬が嬉しくて小便もらす)をし、お客さんの顔を確認したあと満足し、1階へおりていく。

 

「どうぞ」といい、訪問看護スタッフへ家へ入るよう促す。

 

ぼくは仕方なしにティッシュペーパーをとりにリビングに戻り、玄関に戻りウレションを拭く。

 

訪問看護ステーションからは、必ず40代以上のオネーサマが2人組でいらっしゃる。

 

22才代以上25才未満のオネーサマがお越しになることは決してない。

 

訪問看護師「あら、リビングのカーテンが変わってますねー」

 

ぼく「ん?そうでしたっけ?」

 

訪「あらら、植木鉢が増えてますねー」

 

「ん?そうでしたっけ?」

 

リビングの植木鉢

フリーフォト足成より引用


女性ならではの目で毎週玄関、廊下、リビングをチェックされるため、ぼくよりインテリア事情に詳しい。

 

ガラスのコップ3つに冷蔵庫から冷たいお茶を注ぎ、お盆にのせて、ソファーに座っている40代以上の2人の前に差し出す。

 

「どうぞ」

 

そして会話が始まる。

訪問看護は本当に必要なのか?

訪「そういえば!先週いわれた、アブラムシの退治法やってみましたよ。
銀紙を植木鉢にかぶせておくやつ」

 

「どうでした?」

 

「アブラムシがぜんぶいなくなりましたよ、すごいですねー」

 

「そうですか、それは良かった」

 

「今日は髪を上げてないんですね。メガネだし」

 

「ああ、どこにも出ないですから。
ワンデイなんで、コンタクトもったいないんですよ」

 

「そういえば!この間のレモン水、美味しかったので家でもやってみましたー」

 

「妻に聞いたら、やはり国産レモンの輪切りでした。
外国産は農薬が怖いですものね」

 

「ですよねー。
朝ごはんはちゃんと食べました?」

 

「ええ、いつものパン2つと玉子焼き」

 

朝ごはんのパン


「お昼は?」

 

「シリアルを食べるかと」

 

「よくそれだけで足りますね~。
うちなんか、昨日はヤキソバとラーメンですよ」

 

「炭水化物オン炭水化物ですね。
よくそんなに食べれますね」

 

「いやー、腹減るから。
よくシリアルだけで済みますね」

 

「どうせ働いてないですから・・・・・・」

 

スポンサーリンク

 

 

こんなふうなやり取りが延々と50分から1時間続く。

 

そして頃をみはからい、訪問看護40代のオネーサマはカバンから体温計と消毒綿を取り出す。

 

体温計を消毒し、話しながらぼくに手渡す。

 

ぼくは話しながらわきの下へ体温計を差し込み、体温を測る。

 

「36度6分」

 

体温計の次にカバンから血圧計が出てくる。

 

訪問看護40代のオネーサマは話しながら血圧計をぼくの腕に巻き、話しながら血圧を測る。

 

血圧計

フリーフォト写真ACより引用


1158590

 

そう、もう一人の訪問看護のオネーサマに告げ、血圧計をしまう。

 

もう一人のオネーサマはそれを書き込んでいる。

 

次は注射が出てくるんじゃないかと思うくらい、どんどん出てくる。

 

最高血圧が115、最低が85、脈拍が90で、血圧は低いが脈が速いらしい。

 

脈が速いのは運動不足のせいだ。


と、いう、1時間が毎週繰り返されるのだ

 

ぼくの場合、訪問看護は本当に必要なの?

 

訪問看護とは

公益社団法人日本訪問看護財団ホームページより

www.jvnf.or.jp

【抜粋・引用・略】

■訪問看護とはどんなサービスか?

・看護師が家に訪問して、病気や障がいに応じた看護を行うこと。健康状態の悪化防止、回復。
・主治医の指示で、医療処置も行う。自宅で最期を迎えたいという希望に沿った看護もあり。

 

■訪問看護は、どんな看護があるのか?

・健康状態の観察
・病状悪化の防止
・生活の相談
・リハビリ
・点滴や注射などの医療
・痛みの軽減、服薬管理
・緊急時対応

 

と、いうことらしい。

 

身体障害の場合、掃除をしたりお茶碗を洗ったりすることもある。

 

上記のような病気や障害が重い人、看護・介護が要る人にはとても助かる仕組みで、そういう人には訪問看護は本当に必要だと思う。


訪問看護に頼らざるを得ない部分があるかもしれない。

 

週に1回どころじゃなく、週3回とかもある。

 

看護師

フリーフォト写真ACより引用

 

ただ、ぼくの場合はうつ病とアルコール依存症で、うつの波はあるものの、酒さえ飲まなければ健康で問題ないのだ。

 

うつは雑談じゃ治らない。

むりやりの訪問看護

スポンサーリンク

 

1回目の退院時に訪問看護をつけられ、来る日も来る日も雑談ばかりだったので、これは要らない、と思った。

 

本当に雑談ばかりで、「壁に貼ってある可愛いシールはどこで買った?」だとか「今日は冬休みなのにお子さんいないんですね」だとか「クリスマスツリーは邪魔ですよね、うちも出してませんよ」という具合に、本当に雑談ばかりなのだ。

 

2回目の退院時に
訪問看護はいらんです。雑談ばっかりだし、これでうつ病やアルコール依存症が治るわけじゃなし
と主治医に言ったところ

その雑談が重要なんです!

と言われ、またむりやり訪問看護をつけられた。

 

ぼくとしては「自立支援手帳」で診察料も薬代もすべて広島市が払ってくれているため、これ以上広島市に迷惑かけたくないのだ。

 

訪問看護は本当に必要なのか?

 

病院のポイント稼ぎに思えるのだが?

ひとりだけ喜んでいる

ところが、ひとりだけ喜んでいる人がいた。

 

「あー、あした訪看の日ね!」

 

と、喜びいさんで掃除にとりかかる嫁。

掃除

フリーフォト足成より引用


「訪問看護は助かるわ。週に1回、部屋がキレイになるのよね」

 

訪問看護の前の日を掃除日に決めているらしい。

 

いつもガチャガチャしてるのだが、当日はまるでモデルルームのようなリビングになるのであった・・・・・・

 

スポンサーリンク

 

 

【オススメ記事】もどうぞ

www.fuku-utsuo.work