うつ病で引きこもり専業主夫の日々・育児ブログ

うつ病とアルコール依存症をわずらった無職、専業主夫のつらい父さんがイクメンになろうと家事や子どもの育児子育てに奮闘する 。闘病記・体験談あり

スポンサーリンク

キャッシュレス決済のPayPay、ラインPay、d払い、どれが一番いい?

スポンサーリンク

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済

フリーフォトPAKUTASOより引用

目次

 

最近世の中では、シームレス、ミラーレス、即レス、セックスレス、ウェートレスなどがなにかと話題になることが多い。

 

レス、レス、レス、世の中はなにかと省きたがっている。

 

省けばいいってもんじゃない。

 

女性と、AやBをレスしていきなりCに行ってしまっらどうするのか。

 

ABレスC。

 

なんと思われるのか。

 

単に、あわてんぼうと思われるだけなのか。

 

単に、経験不足な坊やと思われるのではないか。

 

ヘタクソと思われるのではないか。

 

このように、なにかと省くのはよくない。

 


が、最近、手間を省いてくれて、支払額までも少々省いてくれるものがでてきた。

 

ご存知キャッシュレス決済である。

 

消費税増税にともなって、キャッシュレス決済で2%もレスするという。

 

コンビニで988円を支払う際に、小銭入れから小銭を必死でかき集め、10円玉7枚と5円玉3枚と1円玉3枚計88円と千円札の計1,088円を差し出す必要がなくなるらしい。

コンビニのお釣り

フリーフォト写真ACより引用


スマホ片手に支払いが済むらしい。

 

お金をその場で払わずに済むのである。

 

しかし、クレジットカードで痛い目にあった者にとっては、勇気がいる行動である。

 

世の富裕層のようにいつもカード払いなら小銭問題などはないのだが、貧困層にはいつも小銭かき集め作業がつきまとうのだ。


コンビニなどには

ラインPayで最高20%還元!

PayPayで最高1000円還元!

などのたれ札がレジ上に垂れ下がっている。

 

いつも「ウォンツ5倍デー」には喜びいさんで買い物に行く嫁も、コンビニのキャッシュレス決済には尻込みしている。

 

「ウォンツ・ポイントカード」なら抵抗がないのに、スマホを使うとなると急に尻込みしている。

 

大きい尻が、急に尻つぼみになる。

 

仕方ない、先に実例を見せて魅力を伝えなければ、消費税増税が始まると2%以上損しつづける。

 

ということで、セブンPayはまだ出ていない(7月1日から)ので、他の大手キャッシュレス決済3社を体験してみた。

 

PayPay、d払い、ラインPayのインストール

PayPay、d払い、ラインPayをスマホにインストールしてみた。

PayPay、d払い、ラインPayのインストール

どれもSMS認証や、パスワード認証があるくらいで、誰でも簡単にインストールできるようになっている。

 

d払いにはすでに溜まっている22000ポイントが入っていた。

 

PayPayにクレジットカードを設定したが、やはり銀行口座にしようとしたところ、なぜかYahoo!IDの設定が必要になったため少々手間取った。

 

が、あずったのはそれくらいである。

 

PayPayに銀行から3000円ほど入金した。

PayPay

ジャパネット銀行から3000円ほど引かれているのをブラウザで確認し、イザ本番に臨んだ。

本当にスマホだけで買えるのか

不安を隠し、勇気を出して、イザ本番に臨んだ。

 

特に欲しい物はなかったので、止めようとしてずるずる引きずっているタバコを買うことにした。

 

タバコを買う時はご存知でしょうが、レジ奥のタバコの棚の望みの銘柄の番号をいう。

 

今日のコンビニは74番だった。

 

PayPayを使うため、まだ始まってないセブンPayのいつものセブンイレブンではなく、ローソンに行ったのだ。

 

ぼくの番がきた。

 

「74番2つ下さい」

 

「はい」

 

ここまではいつも通りだ。

 

レジ女の子は背中にある74番のタバコをとり

 

「こちらでよろしかったでしょうか」

 

と変な日本語を使い、レジの「20歳以上」をタッチするよう促された。

 

ぼくはやさしくタッチしながら

 

PayPay使えますか?

 

と小さな声で告白した。

 

使えますよ

 

と小さな声でこっそり返答があった。

 

どうやらキャッシュレス決済はおおっぴらにしてはいけないらしい。

 

ここで痛恨のミスをした。

 

ついいつものクセで後ろポケットの財布手を伸ばしたが、よく考えたらPayPayを使うのでスマホを出さなきゃならない。

 

ちょちょちょ、ちょっと待ってくださいね

 

あたふたとスマホを右ポッケから取り出し、認証をし、画面を開き、PayPayを起動する。

 

焦ってしまい、ドタバタする。

 

それをレジ女の子は「初めての経験なのね」といぶかしげな目で見ている。

 

ようやくPayPayのバーコード画面が出てきた。

 

とにかく初体験。

 

レジ女の子がぼくの差し出したスマホに、バーコードリーダーを恐る恐る差し向ける。

 

「ピ」

 

音がして、決済は完了した。

 

あっけなかった。

 

ぼく個人的には、レジ女の子が手を握ってお釣りをくれる、そのほうが温かみがあって良いと思った。

 

女の子店員の場合は現金支払いで、男性店員やオバサン店員の場合はキャッシュレス決済にしよう、そう思った。


ローソンでPayPayで880円の支払いをしたら、26円のポイントがついた。

キャッシュレス決済のポイント

計算すると3%だ。

 

ぼくはコンビニでタバコやコーヒーくらいしか購入しないので、ぼくにとっては大した旨みはない。

 

が、毎昼食コンビニで牛カルビ丼、パン、野菜ジュースで800円ほどお買い上げになるサラリーマンにとってはありがたいかもしれない。

各キャッシュレス決済の概要

全部書こうとすると、各キャッシュレス決済毎に3記事くらい必要なため、ざっくりまとめてます。

 

※以下の情報は、2019年6月15日のものです。

※全部が全部使えないので、実際に使ったのはPayPayとd払いのみです。

スポンサーリンク

 

PayPay (ペイペイ)

PayPay 公式サイト

paypay.ne.jp


■準備
GooglePlayやAppStoreでインストールし、電話番号認証などを行い登録する。

 

・新規登録でもれなく500円もらえる。

 

・クレジットカードを利用するのに、Yahoo!IDが必要なため、何年も前に登録したYahoo!IDで登録するの手間取った。

 

・一旦クレジットカード払いを設定していたが、気持ち悪いのでジャパネット銀行を設定した。

これはすんなりいけた。

 

■使い方
・アプリを開いてバーコードを見せるだけ

 

■ポイント還元の要約
・基本3%還元 
(PayPayに残高を入れた場合とYahoo!マネー使用時。1回15,000円まで、1ヵ月30,000円まで)

 

・30,000円使えば900円の還元

 

PayPayチャンス
20回に1回の確率で最大1,000円還元

 

・Yahoo!ショッピング、ヤフオク!などでPayPayを使えばさらに+1%還元

 

■支払い方法
・銀行口座からあらかじめチャージしておく

 

・Yahoo!マネー

 

・クレジットカード

 

■使える店舗

・ローソン、ファミマ、ミニストップ、マツキヨ、ウォンツ、レディ薬局などなど

 

d払い

d払い 公式サイト

service.smt.docomo.ne.jp

 

■準備

・ドコモからのメールが毎回「d払いを使え」を迫ってくるので、手順通りにGooglePlayやAppStoreでインストールし、電話番号、spパスワードなどを入力して登録する。

 

クレジットカードはなしでOK。

 

・初めての方で300円分ポイント還元がある。

 

■使い方
・アプリを開いてバーコードを見せるだけ

d払い画面



・携帯電話使用料で、いつのまにかすでに22,455円溜まっている。

 

■ポイント還元の要約
ドコモ回線を使用でどんどんたまっていく。

 

・利用料金1,000円につき10ポイントから100ポイント溜まる
(説明を読んだけどはっきりいってわからん)

 

・還元率1%

 

・dポイントカードminiで決済 1.5%

 

・お買い物での還元率は少ないが、ドコモ回線+スマホ料金支払いで知らぬ間にどんどん溜まる。

 

・うちはドコモ光回線+スマホ3台を一括払いのため、20,000ポイント以上溜まっている。

 

・今のうちなら金土日でネットでポイント3倍最大6倍キャンペーンあり。

 

・Amazonなら最大50倍のキャンペーンあり。

 

■支払い
・支払いは後払い、スマホ料金と合算して払えばよい。ここが一番のポイントかな。

 

・月最大10万円。

 

■使える店舗

・Amazon、マクドナルド、ローソン、ファミマ、マツキヨ、エディオンなど

スポンサーリンク

 

ラインPay(LINEPay)


ラインPay 公式サイト

line.me

 

■準備
・LINE画面右下の「ウォレット」>LINEPayから。

 

・GooglePlayやAppStoreでもインストール可。

 

・各規約の確認・同意、パスワードを設定するだけ。

 

・銀行を使う方は、銀行口座の登録。

 

■使い方

・アプリを開いて「コード支払い」、パスワードを入力し、バーコードを見せるだけ。

 

・毎回3ステップ、パスワード入力が必要なのでメンドクサイかもしれない。

 

■ポイント還元の要約

・最大18.5%~20%還元 6/23~6/30

 

LINE送金(LINE同士でお金のやりとり)で2,000円~100,000円のボーナスが当たるかもしれない。

 

・金券、お酒、タバコ、書籍は対象外。

 

あれ、タバコと本くらいしか買わないぼくにはメリットない。

 

・マイカラーというランク付けによって、還元率が違う。

 

・キャンペーンの3%+(マイカラー0.5%~2%)で、マイカラーのグリーンが最高の5%

 

・キャンペーンがいろいろ多い。
「祝!令和 全員にあげちゃう『総額300億円祭』(5/20~6/10)」終わってた・・・・・・


「初めての銀行チャージ1,000円以上で、500円相当プレゼントキャンペーン(~5/19)」


「Payトク20%還元」

 

「コンビニ・ドラッグストア20%還元」 

 

などなど、キャンペーン情報に注意。

 

■支払い

・銀行口座からチャージ

 

・セブンATMからチャージ

 

・LINE Payカードでレジでチャージ

 

・コンビニでレジでチャージ。

 

・なんと出金も可能!

 

■店舗

・ローソン、ファミマ、ミニストップ、ウォンツ、レディ薬局、ビックカメラ、コジマ、ソフマップなどなど

 

7Pay(セブンペイ)


7Pay 公式サイト

www.7pay.co.jp

★サービスは2019年7月1日からなので、これまでの情報から

 

■準備

・GooglePlayやAppStoreでインストールし、電話番号認証などを行い登録すると思われる

 

■使い方

アプリを開いてバーコードを見せるだけ、と思われる

 

■ポイント還元の要約

・まだ不明だが、後発なのでサプライズ大型キャンペーンをやるのではないかというあり。

 

■支払い

・レジ、セブン銀行ATM、クレジットカードからチャージできると思われる。

 

■店舗

・セブンイレブン、他はまだ不明。

 

まとめ

・どれが一番良いか悩むところですが、ぼくはいまのとことPayPayです。

 

・次がd払いで、dポイントが「今月いっぱいで2000ポイント失効します」のメールがきたらd払いで使います。

 

LinePayはタバコと本に還元がつかないのでぼくには意味なし。

 

昔からなにかとセキュリティに不安アリなのでちょっと敬遠してます。

 

・セブンPayが出てきて4社揃わないとなんともいえないですが、セブンPayが後発なので、なにかサプライズがドカンと来るかもしれない。

 

すごいサプライズだと、セブンPayに行ってしまうかもしれない。

 

福岡県周辺はファミマばかりなので、PayPayかLINEPayがいいと思われます。

 

・どちらにしても、他のポイントカードと同様、1つに絞ってポイントを貯めるほうが効率がよいでしょう。

 

 

以上、キャッシュレス決済の体験談と簡単な比較でした。

スポンサーリンク

 

 

【オススメ記事】もどうぞ 

www.fuku-utsuo.work