夫がうつで無職でつらいブログ

夫がうつ病で無職、専業主夫になってしまった。辛い副業、女の子の育児・子育てにがんばるブログ。闘病記・体験談あり。ぜひ読んで下され。 

スポンサーリンク

扇風機とヒーターが同棲中。どうしてこうなるの?【専業主夫の家事】

スポンサーリンク

洗濯物 専業主夫

フリー素材いらすとやより引用

洗濯物たたみはまかせて

退院して、だいぶ経った。

 

うつ病の調子はだいぶ改善してきた。

 

しかし、プロジェクトリーダーや介護系の施設長をやってたころの元気はまだない。

 

バリバリでない。

 

パリパリくらいである。

 

なので、まだ家事手伝いをしている。

 

 

もう、洗濯物たたみ歴6ヵ月が過ぎようとしている。

 

洗濯物たたみ歴7カ月目に入った。

 

洗濯物たたみアマチュアを卒業しプロフェッショナルになった。

 

以前は手こずっていた難解な敵、長袖Yシャツや長袖Tシャツも難なくたためるようになった。

 

外に干してあろうが、雨や花粉で部屋干ししてあろうが、客が来るので風呂場内温風式洗濯乾燥機を使われていようが、なんなく取り入れてたたむ。

 

もはやベテランである。

 

他の人に洗濯物の上手なたたみ方を伝授してあげたい。

 

しかし、ぼく以外に専業主夫はみあたらなかった

 


以前、雨の日、まだ部屋干しの洗濯物が湿っていたが夕方になってしまい、これ以上干しっぱなしにしておくとなんとなく仕事をさぼってるように見られそうなため、湿ったタオルを無理やりたたんだことがある。

 

しかし

 

もー、湿ってるヤツはたたまなくていいけ、そのまま干しといて!2度手間になる!

 

と、洗濯物取り込みたたみ作業はすべてキャンセルされ、再び干された。

 

洗濯物干し

 

げっ

 

顛末書、始末書ものの失敗だった。

 

しかし過去の失敗はそのくらいで、ほかの日の作業はおおむねうまくいっていると思う。
(というか、洗濯たたみに失敗の要素はないが・・・・・・)

 

しかし、未だに洗濯物「干し」作業は分担されず、担当させてもらえず、嫁さんが早朝に干して出勤していく。

 

ぼくが干すと適当で汚らしくなり、近所に恥ずかしいからだそうだ。

 


最近は夏服になり、洗濯物の量がずいぶん減った。

 

4人でこのくらい。

 

洗濯物たたみ 専業主夫の仕事



厚手の上着やパジャマがなくなったため、作業量は半分くらいに減った。

 

とても楽である。

扇風機とヒーターが同棲中

スポンサーリンク

 

去年、部屋の扇風機が壊れた。

 

ベッドで寝る時、上半身に風があたるよう、扇風機のアゴをくいっと上にあげるのだが、すぐ下がってしまう。

 

すぐ下を向いてしまう。

 

まるでキスを嫌がる女の子である。

 

彼女は下を向いて、ベッドの下に風を送り込む。

 

ネジを締めたりいろいろ調整したが、彼女は2度とアゴを上げてくれなかった。

 

キスの場合は自分がかがめばいいが、扇風機の場合、ベッドの下で寝るのはちょっと嫌だ。

 

なので扇風機を買ってくれるよう、嫁さんに頼んだ。

 

ピンキリだが、安いのは2000~3000円で買える。

 

嫁さんはすぐに買ってきた。

 


ところで、ぼくは物事を後回し後回しにするクセがある。

 

工業高校のころ、工業数理のテストで100点をとったのだが。

 

実習のレポート提出が125日遅れてしまい、その先公のやりかたで遅れた日数分だけ点を引かれるため、結果-25点赤点になった。

 

また、「電気工事士」という国家資格のテスト・実習に受かったのだが、また今度、また今度と申請を伸ばしてるうちに申請期間1年をすぎてしまい、国家資格をフイにしてしまった。

 

またまた、年賀状が少しだけ来ていたのだが、まだ出していない。

 

夏までにはお返事を書こうと思っている。

 

同じ理由で、まだヒーターを収めてない

 

そこへ扇風機が来た。

 

暖めるのと冷やすの、2台

 

扇風機とヒーターが同棲中。

 

扇風機とヒーター

     扇風機とヒーターで驚く

変な光景になってしまった。

 


次の日、ふとリビングの窓を開けようとしたら。


窓際に、あらら、扇風機とファンヒーターが並べてあった。

 

暖めるのと冷やすのが2台あった。

 

やはり扇風機とヒーターが同棲中。

 

扇風機とファンヒーター     

    扇風機とヒーターで驚く

やはり変な光景だった。

 

結局は、似たもの夫婦だな・・・・・・

 

まとめ:扇風機とヒーター一体型がほしい

 

スポンサーリンク

 

 

【オススメ記事】もどうぞ

www.fuku-utsuo.work