夫がうつで無職でつらいブログ

夫がうつ病で無職、専業主夫になってしまった。辛い副業、女の子の育児・子育てにがんばるブログ。闘病記・体験談あり。ぜひ読んで下され。 

スポンサーリンク

トイプードルと喧嘩して虐待する爺さん、どう扱えばいい?

スポンサーリンク

トイプードルと喧嘩して虐待する爺さんの話

白状する。

 

実は、うちにはトイプードルがいる。

 

今までずっと黙っていた。

 

いや、脇役でちょいと登場したことはある。

 

しかし、今回は主人公だ。

 

練習を耐えて耐えて耐え忍んで、やっと主人公の座を手に入れた。

 

努力、我慢、辛抱してきた。

 

そして華々しくブログデビューされることになった。

 

うちのトイプードルは家族の一員なのだ。

 

というかネタ切れなのだ。

 目次

 

そのお姿はこんな感じ。

トイプードル


ま、そのままトイプードルである。

 

なぜこんなお姿の犬がいらっしゃるのかというと、動物好きの次女チーが小学1年生のころ

 

どうしても犬が飼いたい。

 

毎日の姉の酷い仕打ちには耐えられない。

 

弟・妹がほしいんだけど、お父さんお母さんがそういう行為をした気配がない。

 

タンスの左上の奥にしまってあるゴムがぜんぜん減っていない。

 

だから犬がほしい。

 

面倒はすべて自分が見る

 

と現在における問題点とマニュフェストを大いに掲げ「犬を買いたい運動」を始めたのだ。

 

そんなマイノリティの意見も大事にしようと家族委員会が開かれ、なんやかんやあり、やや賛成多数となり、法案可決となった。

 

チーは大喜びした。

 

今日か、明日かと犬を待ちわびるようになった。

トイプードルは高い

いざ出陣、と、犬賛成派と運転手(ぼく)が近くのペットショップにて外遊した。

 

そこには小さなオリに入った子犬やら猫やらネズミがいた。

 

小さなチーが目をつけたのが、子犬のトイプードルだった。

 

なんやかんや迷った結果、そのトイプードルを購入することにした。

 

費用は、本体・保険・オリ・マットなどコミコミで30万円近くした。

 

高額なのに驚いた。

 

本体・保険・ガレージ・足マットコミコミの軽自動車くらいだ。

 

トイプードルを飼う


名前はもこもこしてたので「モコ」になった。(ここは普通)

 

そしてトイプードルはうちの家族となった。

 

で、チーが面倒を見るといったくせに、いざモコがご在宅なされると、可愛がりはするが食事・排便などのメンドウは見ない。

 

まあ、小学1年生だからおいおいね

 

と、1階の婆さん(うちは2階3階がふく家)がメンドウを見はじめた。

 

それがそのまま6年経ち、チーは中学1年生になり、トイプードルは6才

 

人間でいうと40歳の中年オバサンとなってしまった。

 

うちに中年オバサンが3人になってしまった。

スポンサーリンク

 

トイプードルは吠える

トイプードルのモコは昔から、玄関の外に来客がいるとキャンキャン、キャンキャン吠えなさるので、誰か来たのかがすぐにわかる。

 

大声で警報を発して頂ける。

 

リビングを駆け出され、廊下を駆け抜かれ、玄関の前まで走り抜き、キャンキャン吠えなさる。

 

何人たりともその存在を消すことができない。

 

イージスアショア並みの防衛システムを取り入れている。

 

空き巣はほぼ入れない。

 

ただ問題は、家族の場合でもキャンキャン吠えられることである。

 

ぼくが出かけるときも、玄関まで追いかけてきてキャンキャン吠え、噛みつこうとされる。

 

うざい。

 

トイプードル

フリーフォト写真ACより引用

 

そのくせソファーでテレビを観ていたら、「なでてくれアピール」をされる。

 

足でチョイチョイ、とぼくの手をつつかれる。

 

まるで猫である。

 


昨日、トイプードルがトリミング(散髪)に行かれた。

 

ついでにフィラリア症、ダニ・ノミ取りその他の薬をもらってきた。

 

トリミングが6000円に医療費・薬代1万8700円合わせて2万4700円だそうである。

 

ぼく自身のトリミング代は2000円

 

ぼくの医療費は自立支援で無料。

 

トイプードル様は、ぼくの12倍も金がかかるのである。

 


もらった薬を1粒飲んでいただくよう懇願したが、嫌がられ床に落としてしまった。

 

1粒2300円

 

バイアグラより高い。

 

これはぜひとも飲んでいただかねば困る。

 

粒をくだいてエサ、いやお食事に混ぜ食べていただいた。

 


ここまではよい。

 


ここからが問題なのである。

スポンサーリンク

 

トイプードルと喧嘩して虐待する爺さん

うちのトイプードルと爺さんが問題なのである。


以前、爺さんが夕飯のあまり物をこっそりとテーブルの下の床へ落としていた。

 

リビングでウロチョロと警備されているモコは、一目散にかけって食べ物を食べに行かれた。

 

さらには、犬には食べさせてはいけないもの(玉ねぎ、ネギ類)まで床に落とし、食べさせようとする。

 

それを見た婆さんは怒った。

 

婆さんが注意した。

 

しかし、婆さんが何回注意しても、止めない

 

しまいには娘たちが憤慨、激高、激怒し、爺さんに口頭注意する始末。

 

ぼくは娘に「年寄りは敬いなさい」といいたいのだが、爺さんのやることがあまりに稚拙で、言えない。

 

なんの理由だか見てないので分からないが、爺さんは毎日のように

この畜生が!

と、トイプードルに怒鳴っている。

 

トイプードルと喧嘩する爺さん、どう扱えばいい。


婆さんは常識人であり、だいたいまっとうな事を言う。

 

婆さんがずっとモコの面倒をみているため、モコが一番なついている。

 

爺さんが立って婆さんになにか言いつけようとすると(耳が遠いので大声で怒鳴るような感じになる)、モコが間に入って婆さんを守ろうとしキャンキャン吠え、あげくの果てに爺に噛みついた。

 

噛みつかれた爺さん、トイプードルと喧嘩して殴る蹴るの虐待をした。

 

たまたま来てた親戚の目の前でやったそうだ。

 

それを見た婆さんが

あんた!小さい動物に対して大人が何しよるんね!(怒)

と激怒した。

 

それを婆さんから伝え聞いた娘たちも憤慨、激高、激怒。

 

ますます爺さんへの風当たりが強くなり、婆さん・長女・次女の三国同盟、爺さん包囲網ができあがった。

 

テーブルの上に38度線。

 

トイプードルと喧嘩して虐待するのは、2回もやったそうだ。

 

中立を保っていた嫁さんも、トイプードルと喧嘩する爺さんの話を聞き、連盟に加入した。

 

永世中立国のぼくだけは、現場を見てないので中立。

 

どう扱えばいいものだか。

 

夕食時、不穏な空気がただよっている。

 


この一触即発の戦局をどうすればよいのか。

 

どう平和に解決すればよいのか。

 

マスオさんはもっか悩み中なのである。

 

スポンサーリンク

 

 

【おすすめ記事】も見てみる

www.fuku-utsuo.work