夫がうつで無職でつらいブログ

夫がうつ病で無職、専業主夫になってしまった。辛い副業、女の子の育児・子育てにがんばるブログ。闘病記・体験談あり。ぜひ読んで下され。 

スポンサーリンク

かわいそう!ミスドの店舗でドーナツ選びで悩む男の話

スポンサーリンク

目次

 

ミスドのドーナツ

フリー素材ぱくたそより引用

ミスドの店舗でドーナツを選ぶ

近所のスーパー「広島ゆめタウン」へ、買い物に出かけた。

 

買い物が終わると、嫁さんが「ドーナツが買いたい」と言うので、そこのフードコートへ向かった。

 

嫁さんは、ミスドへ小走りで去っていった。

 

ミスドの店舗

出典:narafamilyサイトより引用


そんなの買うから太るんだ」とは思ったが、それは言わないでおいた。

 

ぼくはドーナツにはあまり興味がないので、フードコートの空いている椅子を見つけて、買い物袋持ち係の買い物袋をおろし座った。

 

嫁さんは「娘のため」と口では言いながら実は自分のために、嬉々としてドーナツを選んでいた。

 

 

皆さんご存知の通り、ミスドはたいてい縦4段・幅約5メートルぐらいの棚にこんがり揚がった小麦色やチョコレート色のドーナツを並べてあり、自分で好きなドーナツをトレイに取り、レジへ持って行ってお勘定をする。

 

ミスド「買い物工程」の最終プロセスである「レジ」は、ドーナツ棚の左側にある。

 

よって、ここのミスドでは人は右から左へと進んでいくことになる。


嫁さんはいくつかのドーナツをトレイに取ったが、そこから左へ進めなくなった。

 

ドーナツ棚のほぼ中央に、おじさんが停まって、ドーナツを選んでいたからだ。

 

上の棚を見ては、下の棚を見、手元のトレイを見ては真ん中の棚を見る。

 

ミスドのドーナツ棚

出典:Let's Enjoy Tokyoサイトより引用

 

1分ほど待っても、男は上の棚を真剣に見つめている。

 

2分過ぎても、僕と変わらない50歳くらいの男は、手元のトレイを見つめている。

スポンサーリンク

 

ドーナツの買い物が進まない

嫁さんは、そこで詰まったまま、左へ進めずに居る。

 

・・・・・・おじさん、何やってるんだ、ドーナツごときに。


ぼくは無駄に待たされるのにいらだち、席を立ち、嫁さんの側へ歩み寄った。
 
わざとその男に聞こえるように、しかし嫁さんへ向けて大声で言った。

「なにをドーナツごときで迷いよるんや!」

嫁さんは、僕の意図を理解したらしく、ニヤニヤしながら男を抜かして左に進み、また嬉々としてドーナツを選び始めた。


僕はその男が気になり、観察をはじめた。


黒いジャンパーの下に、サッカーJ1のサンフレッチェ広島のムラサキ色のユニフォームを着ていた。

 

そういえば、今日(先日ね)がサンフレッチェ広島の地元開幕戦だった。

 

似合わないトートバッグから、バケット(フランスパン)が頭をのぞかせている。

 

よくみると、メモ帳を手に握っていた。

 


そのメモ帳にじっと視線を落とし、手元のトレイのチョコレート色やピンク色のドーナツを見つめ、それから上段の棚、真ん中の棚、そしてまたメモ帳に視線を落とす。

 

・・・・・・奥さんに頼まれたのか。ドーナツの名前がわからないんだな。


男は、レジでお金を払っている嫁さんの後ろに並んだ。

 

が、すぐに引き返し、また真剣にドーナツ棚とトレイのドーナツとメモ帳を見比べる。

 

またレジに来るが、悲痛な顔でドーナツ棚へ引き返す。

 

またレジに来るが、悩みながらドーナツ棚へ引き返す。

 


家族連れや、女学生たちで賑わっているフードコートで、悲痛な顔でドーナツの棚を何往復もする男の姿はある種異様、あるいは滑稽だった。

 
ああ・・・・・・わかった!


突然、僕は彼のすべてを理解した。

スポンサーリンク

 

かわいそう!ミスドの店舗でドーナツ選びを悩む男

つまり、こういう事だ。

 

彼は大のサッカー、サンフレッチェ広島のファンだった。


(以下、ぼくの想像)

 

男「あのぅ・・・・・・」

 

奥さん「なんや?」

 

男「今日な、あのな・・・・・・」

 

奥さん「なんね。はっきり言いんさい!」

 

男「今日、サンフレッチェ広島地元の、開幕戦があるんや・・・・・・」

 

奥さん「はぁ? テレビつければ?」

 

サンフレッチェ広島 サッカー

サンフレッチェ広島公式サイトより引用

 

男「いや・・・・・・あのぅ・・・・・・チケットを、買ってしまったんや」

 

奥さん「ハァ? 何やと! そんな無駄金使うんなら、小遣い減らすでアンタ!」

 

男「いや・・・・・・その・・・・・・開幕イベントとかあって、どうしても行きたかったんや」

 

奥さん「ハァ? バッカじゃないの。いい年こいて。何がサッカーね」

 

男「はぃ・・・・・・」

 

奥さん 「ほんならアンタ、エエわ。そのかわし、今日の晩飯、作って。フランスパンに生ハムやらゴーダチーズのサンドウィッチ、それでエエわ。それとロゼかシャンパン。全部、アンタ持ちで」

 

男「はぅ・・・・・・」

 

奥さん 「ついでにミスド行って、ドーナツ買ってきてや。フレンチクルーラーとエンゼルショコラと黒ゴマハニーとストロベリーチュロとヘーゼルナッツチョコとチョコファッションとポン・デ・ショコラや」

 

男「ちょ、ちょっとまって」
 
男は、メモを取り出す。

 

奥さん「ハァ、そんなのも覚えられんのかいな。もう一度言うで。絶対間違えるなよ!間違えたら家に入れんでッ!離婚や!慰謝料たんまりふんだくったるさかいな。よう聞き!フレンチクルーラーとエンゼルショコラと黒ゴマハニーとストロベリーチュロとヘーゼルナッツチョコとチョコファッションとポン・デ・ショコラや!わかったら早よ出て行き!」
 
と・・・・・・いうことだったのだろう。

 

だから悲痛な面持ちでドーナツを選んでいたのだろう。 

 
・・・・・・すまなかった。そんな事情も知らず、大声出して。

 

まとめ

ミスドとスタバは、男性陣にはどれがいいのかさっぱり分からない。

 

ミスドとスタバの買い物は女性にまかせるべき。

スポンサーリンク

 

 

【おすすめ記事】も見てみる

www.fuku-utsuo.work