うつ病で引きこもり専業主夫の日々・育児ブログ

うつ病とアルコール依存症をわずらった無職、専業主夫のつらい父さんがイクメンになろうと家事や子どもの育児子育てに奮闘する 。闘病記・体験談あり

スポンサーリンク

PTAバザーは大変で疲れる!PTA役員やりたくない(3)【育児子育て】

スポンサーリンク

前記事

www.fuku-utsuo.work

 

(つづき)

 

PTAバザーの商品

PTAバザーの雑貨コーナーは売れない

さて、バザー神オバチャン風2人組とやんややんややっているうちに。

PTAバザーのおばちゃん

フリー素材いらすとやより引用

 

他のお客様もパラパラと雑貨コーナーへご来店してきました。

 

大事そうに自分のサイフを胸にかかえた小学生男子。

 

赤ちゃんをだっこして、幼稚園児を従えた見るからにに大変そうなオカーサン。

 

寄ってらっしゃい見てらっしゃい、いや買ってらっしゃい。

 

男性陣ぼく1人、それ以外のスタッフは全員女性、かつ若妻

 

若妻とのいちゃいちゃトークが実に楽しかったのだが、惜みむらく、いたしかたなく止め、本業のカスタマーズ対応へ。

のし袋

圧倒的に数が多い在庫が「のし袋」。

 

段ボールいっぱいに、何百もの赤、黒、銀帯ののし袋。

 

誰だこんなに持ってきたのは。

 

いずれ黒帯の方はたくさん使うのに。

 

1つ10円の最安値価格。

PTAバザー のし袋
コンビニなどで購入すると、ひとつ何100円もする。

 

いずれ黒帯がたくさん必要になるはずだと勧めるも、いっこうに売れず。

 

最安値10円なら売れる思ったのですが、やはり不要品として回収されただけあって、大衆も必要品とは思わず

一般コンシューマー対応

バザー神オバチャン2人はどこかよそへいってしまい、価格をめぐる心理戦、攻防戦の必要はなくなった。

 

一般のコンシューマー対応に。


低反発マクラが3つあり

 

これいいんじゃない?

 

と、500円の高値をつけていたんですが、あっという間にご購入されました。

PTAバザー 低反発まくら
フリー素材いらすとやより引用

自分が値段をつけた品物が売れると、より嬉しい。

 

実に楽しい。

 

メルカリってこんなんかな。

 

ほうら売れた、しめしめ、うひひ

 

という気分になる。

 

 

そして、目をつけておたのが、コレ。

 

武装戦線 頭四代目 九能 龍信

PTAバザー おもちゃ

なんじゃこれ。

 

こんなマンガあったっけ?

 

北斗の拳なら売れそうだが、「武装戦線 頭四代目」フィギュアである。

 

まったく知らん。

 

全く知らんが、アホでヘンテコな物好き長女ナナ(当時中1)が気に入るかもしれない。

 

最安値10円との値付けですが、やはり最後までだれも興味しめさず。

 

なので、ぼくが買って家に置いといた。

 

すると

ナナ 「あーっ、コレ欲しい!、かっちょえー

真っ先に飛びついた。

 

やはりアホや。

 

ほしいかこれ。

PTAバザーの価格で金銭感覚が狂う

しかし、雑貨コーナーで 「激安たたき売り100円、50円」 と値をむちゃくちゃ安くつけたつもりでも。

 

よその食器コーナーに行って高級グラス5つセット150円とかみると、店で買うよりはるかに安いのに

 

「うーん、ちょっと高いよね、もうちょっと安くならんかな」

 

と、思ってしまう。


立場が逆になると、150円がえらく高く感じる。

 

「ほうら、しめしめ」

 

とはならない。

 

えーと、もうちょっと・・・・・・

 

となる。

バザーの魔力

微々たる値段なのに、そう思ってしまう。

 

パチンコ、スロットですぐ5000円、10000円とつっこんでいたのに。

 

スナックで6000円とかおかまいなく払っていたのに。

 

バザーの150円が高いと思ってしまう。

 

バザーならではの不思議な世界。

 

ありえない値段感覚、金銭感覚。

 

バザーの魔力。

 

前記事の「バザー神風オバチャン2人組」は、その魔力にとりつかれたのだろうか。

 

それとも、値切り好きなただの大阪のオバチャンだったのだろうか。


10時半、バザーの宴もたけなわ。

 

残り30分になると、「すべてのモノを半額」 にするそうです。

 

ええ! そうなの?

 

しかしこの時間を狙ってくるお客さまもチラホラ。


しかし、「安くて超イイもの」、たとえば、サプリ類、「アリナミンA」などウォンツで1000円前後するようなボックスのバラシ売り。

 

高価なアリナミンAを100円でたたき売っちゃったりするため、一瞬で売り切れ。

PTAバザー 栄養ドリンク

フリーフォト写真ACより引用

今はもう、そこそこ、微妙な価格帯の在庫みが残っています。

 

どっちを選ぶかはお客様しだい。

 

良い品で激安商品がほしければ、10時集合。

 

半額でそこそこいい品なら、10時30分から。

 

お客様も慣れたもので、その辺はわきまえていらっしゃる。

雑貨コーナー、在庫はまだ半分以上も残っている。

 

タオルコーナー、洗剤・石鹸コーナーなどは、さすがに生活必需品、順調に売れて残りわずか。

 

しかし、雑貨コーナーはわけからんモノばかりで売り上げ進まず。


「直径8センチ、高さ30センチの巨大ローソク7本セット

などというものもあった。

 

直径8センチ

 

しかも高さ30センチのローソク。

 

それが箱の中に7本も入っている。

 

まるで外国人男性のモノ・・・・・・まあいいや。

PTAバザー ローソク

フリーフォト写真ACより引用

こんなのほんまに売れるのか。

 

誰がこんなん持ってきたんだ、と文句がちに。

 

と思っていたら、若妻が箱のモノをバラし始めた。

 

若妻陣が

ちょうど災害で停電になったとき、すごく役に立ちますよ~

などとペラペラと上手にトークする。

(当時、広島で災害があった)

 

すると、モノは1本、2本と売れてゆき、なんと完売。

 

さすが女性陣、女性の心がわかる。

 

それか、女性がモノ好きだったのか。

 

1本で十分だったのか。

 


まさかの 「巨大ローソク完売!」 と聞き、全員拍手喝采。

 

「エヴァンゲリオン・Q戦士」 サイフも半額になると、少年がお買い上げしてくれた。

 

次から次へと、「お客さま持って行って、半額、半額!」

と在庫一掃セールがはじまった。

 

ぼくは疲れて、もうヘロヘロになっていた。

まとめ:PTAバザーで商品を売るコツは、女性の気持ちになって創意工夫を凝らすこと。

スポンサーリンク

 

 

 

次記事

www.fuku-utsuo.work

 

前記事 

www.fuku-utsuo.work

 

ご訪問ありがとうございました

ポチっとよろしくお願いします

  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

広島ブログ