うつ病で引きこもり専業主夫の日々・育児ブログ

うつ病とアルコール依存症をわずらった無職、専業主夫のつらい父さんがイクメンになろうと家事や子どもの育児子育てに奮闘する 。闘病記・体験談あり

スポンサーリンク

うつ病を発症してわかったメリット、デメリット:闘病記・体験談

スポンサーリンク

うつ病の発症

うつ病は辛い。

 

いつ治るのかわからない。

 

治るかもしれないし、治らないかもしれない。

 

毎日大量の薬を飲まされている。

 

うつ病の薬


ぼくはこれまで2回、うつ病と診断された。

 

1回目は20歳半ばのころ。

 

これは、今の嫁さんと再婚して、3年で完治した。

 

薬はすべて消えた。

www.fuku-utsuo.work

 

2回目は、39歳。

 

タバコを止めようとして禁煙薬「チャンピックス」を飲んでいたら、なぜか副作用で重いうつ病にかかった。

 

運が悪かったとしかいいようがない。

 

結局タバコは止めれなかった。

 

大損こいた。

 

結局それから闘病生活9年になる。

 

これまでの、うつ病経験で得た、良かったこと悪かったことを書いていこうと思う。

 

目次

 

入院3回で会社を退職させられた

当時、地方新聞社の子会社、システム開発系の会社で働いていた。

 

残業が多いときは、全国平均と同じ年収500万円ほどもらえた。

 

うつ病 仕事

フリーフォト足成より引用

 

前述したように、39歳の時、うつ病で入院、休職した。

 

2カ月ほどである。

 

そしてアルコール依存症も併発し、命より大事な酒が飲めなくなった。

 

が、ついつい誘惑に負けて飲んでしまう。

 

1回飲み始めると止まらなくなり、朝から晩まで飲んだ

 

また2カ月再入院した。


こんどこそ酒を止めようと誓うのだが、3ヵ月くらい経つと喉元過ぎれば熱さを忘れ。

 

また飲んでしまい、止まらなくなる。

 

また再々入院した。

 


2回目の入院までは、会社のほうもよくわからず、復職の際は優しく出迎えてくれたのだが。


3回目となると、様子がちがった。

 

直接「辞めてくれ」とは言わないが、そういう雰囲気がひしひしと伝わってきた。


会社に別の人で、本当かウソかわからないが、

自分は会社のせいでうつ病になった

と開き直り、何年も仕事をしないで居座っているヤツがいた。

 

会社は、どうやってヤツを辞めさせようか、何年も頭を抱えていた。

 

同じ人種に見られたくなかったので、すぐ辞表を出した。


20数年努めたのに、退職金は100数万円しかなかった。

どこかに消えた。

転職すると年収がさがる、半分以下に

会社を辞めて、ハローワークで雇用保険をもらいつつ、就活をした。

 

地元では一番大きな介護系の会社に就職できた。

 

「サービス付き高齢者住宅」通称「サ高住」と呼ばれる、老人ホームみたいな施設の施設長となった。

介護 老人ホーム

フリーフォト写真ACより引用

サービス付き高齢者住宅の施設長に

施設長だと、早番遅番の足りない部分を自分で残業して補うため、以前よりは低いものの、25万円くらい、まあまあ生活できるくらいはもらえた。

 

ところが1年後、「システム関係が分かる人がいない」ということで、元システム屋の自分に目を付けられた。

 

異動させられた。

 

すると、事務職なのでがくんと給料が下がり、手取りたったの13万円になってしまった。

 

手取り13万円・・・・・・セブンイレブンのバイトかよ!

 

年収200万、これじゃ生活できない。

 

働けど働けど我が暮らし楽にならざりじっとスマホを見る。

 

しばらく頑張ったが、ベースアップもなく、1年経っても2年経っても給与があがらないため、辞めた。

派遣をやってみる

次は派遣の仕事をやってみた。

 

折り込み広告に「だれにでもできる簡単なピッキング」と募集されていたのだが。

 

実態は、セブンイレブン各店舗に納入するドリンク(ビール、ペットボトル飲料など)を巨大な倉庫で店舗ごとにピッキングしていく。

 

ビールやペットボトル飲料、500cc入りで24本ケースだと、1箱12キロになる。

 

それを30~40箱ほど台車につんでいく。

 

400キロくらいの重さの台車をずしずし押して、セブンイレブンのトラックまで運んでいく。

 

だれにでもできるか!

 

汗びっしょりになりしんどかったが、一応一日中運動することになるので、健康にはよかった。

 

身体から脂が消え、細マッチョになった。

 

たまたま1回だけ風俗にいってみたのだが(1回だけね)。

 

ヘルス(本番なし)なのに本番させてもらえた。

 

よかったのはそれだけだ。

 


月15万円くらいしかもらえなかった。

 

年収換算すると、ボーナスがないのでたった180万円だ。

 

同じ派遣のオッサンと仕事のやりかたで喧嘩になり、頭にきて家で酒飲んでしまい、また入院した。

 

喧嘩 ケンカ 派遣社員

フリーフォトPAKUTASOより引用

 

入院したので辞めた。

またサービス付き高齢者住宅の施設長になる

次も「サ高住」の施設長になった。

 

やはり給与は安く、なんとか頑張って月20万円

 

年収300万円だが、人が少なく、以前より仕事がハードだった。

 

頑張ったものの、ストレスがたまりつい酒を飲んでしまい、また止まらなくなった。

 

また入院したので辞めた。

 


どうやっても、年収300万円がやっとである。

 

共働きだからいいようなものの、嫁が働いてないと生活は無理だった。

 

子育てなんてできない。


ちなみに派遣は時給1000円だったが、派遣会社が1500円もらい派遣社員に1000円支払う。

 

なにもせずに3分の1抜き取る、ぼろ儲けの商売である。

 

2度と派遣はするまいと思った。

 


今現在は、障害年金を月16万円ほどいただいている。

 

これは、何十年も厚生年金を払ったので、そのお返しと思っている。

うつ病のため、夜眠れない

うつ病になると、眠れなくなる。

 

睡眠薬をもらうのだが、ぼくは薬に耐性ができてるせいか、酒のみのせいか、少量では眠れない。

 

入眠障害だ。

 

うつ病で不眠症

フリーフォト足成より引用

 

眠れないので考え事をする。

 

左に寝返りをうつ。

 

眠れない。

 

うつ伏せになる。

 

眠れない。

 

右を向く。

 

眠れない。

 

ぐるぐるぐるぐる体勢を変えているうちに、朝の5時とか6時に、やっとうつらうつらする。

 

そしてすぐ目が覚める。

 

早朝覚〇だ。
(「覚〇」という単語が「〇〇剤」とみなされて、アドセンス広告が反応したため伏字にします。これ、なんとかしてほしい。)

眠れるようになると、うつ病のせいか朝起きれない

薬を調整してもらい、なんとか入眠できるようになると、今度は朝起きれなくなる

 

朝10時とか11時までごろごろしている。

 

別にサボっているわけでもなんでもなく、動けないのである。

 

たまたま9時に起きたとしても、何かができるわけではなく、ボーッとしている。

 

頭ではコレをしなきゃ、アレをしなきゃと思うのだが、身体が動かない。

 

あたかもサボっているように見られる。

スポンサーリンク

 

ニコチン、カフェインで必ず気合を入れる

買い物にいくにも、家事をするにも、何かをするのに、必ず気合をいれないと出来ない。

 

ぼくの場合だと、何かをするのにタバコでニコチン入れて、コーヒーでカフェイン摂らないと次のことができない。

 

昔、健常者のころはなんでもなくスッとできていたことが、できなくなった。

 

全部のことがおっくうになった。

 

食事がおっくう。

 

風呂に入るのもおっくう。

 

歯をみがくのもおっくう。

 

トイレに行くことすらおっくうなのである。

 

育児なんてしんどくて出来ない。

 

産後うつの人は大変だろうな、と思う。

スポンサーリンク

 

うつ病で辛いことや悲しいことは感じるが、楽しいことや喜びは感じない

うつ病が重いときは、辛いこと、悲しいことだけを感じる。

 

うつ病 辛い 悲しい

フリーフォトPAKUTASOより引用

 

楽しいことや嬉しいことがまったく感じられない。

 

だから、生きるのが嫌になってくる。

 

辛いこと、悲しいことしか感じないので、この世から消えたくなる


お笑い番組やバラエティを見ても、まったく笑えなくなる。

 

集中力がなくなり、本が1ページも読めなくなる。

 

テレビを30分以上観れなくなる。


音に敏感になる。

 

スーパーで流れている店の音楽がうるさくてしょうがない。

 

耳栓をしていく感じである。

スポンサーリンク

 

精神障害者手帳のデメリット、メリット

障害者手帳を取得した。

障害者手帳

障害者手帳のデメリット

最近は「障がい者」と記述するのが一般的なのに、もろ「障害者」。

 

そうか、ぼくは障害か・・・・・・

 

自分で申請しておきながら、凹んだ。

 

精神障害者2級であった。

障害者手帳のメリット

広島市の場合。

 

ざくっと書くと

 

広島市の公共交通機関であるバス、市内電車(チンチン電車)、アストラムライン(モノレール)の運賃が半額になる

 

これは塵も積もれば山となり、大きい。

 

500円引きのタクシーチケットが12枚もらえる

 

これはあまり使わない。

 

障害者控除が適用される

 

年末調整、確定申告の話。
本人が27万円(=27000円
配偶者も27万円、2人合わせて54000円が戻ってくる。
結構大きい。

 

映画館、公共施設の割引き

 

映画1800円が1000円になる。
付添人にも適用されるため、2人合わせて1600円安くなる。
 
スポーツセンター、動物園などは無料になる。
行く人にはメリットあり。

 

市営駐車場の割引

 

これは身体障害者手帳を持っている人が、2時間程度割引される。
職業訓練にいくのに、1時間360円の市営駐車場を2.5時間停めて900円だが、720円割引されて180円になる。
しょっちゅう使うのでありがたい。
(本当は精神障害は割引にならないのだが、手帳にはそこまで書いてない。内緒。)

 

①の交通機関割引と、③所得税控除、⑤が大きい。

スポンサーリンク

 

人の心の痛みが分かるようになった

これまでは、バリバリ仕事をこなして、できない人を馬鹿にしていた。

 

それが、自分が仕事ができなくなってしまった。

 

会社をたびたび休み、残業もままならないため、スケジュールが遅れてしまう。

 

「仕事ができない」グループに入ってしまった。

 

そのかわり、仕事ができないと言われてる人に、優しく声をかけれるようになった。

 

できない人の気持ちがわかるようになった。

 

優しく対応できるようになった。


また、はてなブログでうつ病やADHDやパニック発作など障害がある人と交わり、辛い経験などを分かち合えるようになった。

 

障がいの種類は違えど、痛みが分かりあえるようになった。

 

一緒に頑張ろうと、励ましあうことができるようになった。

<

スポンサーリンク

 

まとめ

病気は辛いが、乗り越えていくしかない。

 

一生付き合っていくしかない。

 

障がいがあってもなんとか生きていける、日本の福祉制度に感謝しなければならない。

 

また、病気があっても18年も付き合ってくれている嫁さんに、一番感謝しないといけない

 

夫婦 うつ病 アルコール依存症

フリーフォト足成より引用

 

看護師の嫁さんは稼ぐが、もう身体がボロボロだ。

 

出来るなら代わってあげたいが、看護師免許がない。

 

できるだけ負担をへらしてあげよう・・・・・・

 

スポンサーリンク

 

 

 

オススメ記事
www.fuku-utsuo.work

ご訪問ありがとうございました

ポチっとよろしくお願いします

  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

広島ブログ