SEがうつ病に 専業主夫の日々まったり育児ブログ

うつ病とアルコール依存症をわずらった無職、専業主夫のつらい父さんがイクメンになろうと家事や子どもの育児、子育てに奮闘する 。闘病記・体験談あり

花粉症:鼻水くしゃみが止まらない花粉症対策。治った!ダイエットにも効くある甘いもの

スポンサードリンク


花粉がきてますね。

鼻水、くしゃみ、目がかゆい、イヤですね。

花粉症 花粉 マスク
フリー素材集いらすとやより引用

花粉症の症状・これまでの対策

ぼくは成人してから花粉症になり、この時期になると鼻水ダラダラ、くしゃみ連チャン。

 あまりにも鼻水が出るのでティッシュで両方を鼻栓

とうぜんマスク。

息苦しいったらありゃしないです。


外出は、ポケットティッシュではまったく足りないので、箱のティッシュを持ち歩き。

 

車の窓をあけられない。

車中にはティッシュとゴミ箱を常備。

車中は鼻かんだティッシュであふれてくる。

家には使い古したマスクがゴミ箱いっぱい。


家に帰ったら鼻をかみ、アイボンで目を洗い。

ひどい時には鼻うがい。

アトピー性皮膚炎があるので、鼻のまわりがいつも真っ赤。

毎年この季節にはうんざりします。


長女ナナと次女チーも遺伝でしょうか、スギ花粉、ヒノキ花粉、イネ花粉のトリプル花粉症

 

薬漬け。

花症粉 薬 抗ヒスタミン

 

ところである日、5年くらい前ですか、異様に肩がこってしんどかったので

「全身マッサージ、足つぼマッサージ 1時間3,980円」

というよくあるマッサージ屋さんに肩をほぐしに行きました。

 

若いお兄さんが担当につき、肩のマッサージおよび足つぼマッサージ。

気持ちよくて眠りそう・・・・・・

気持ちよくて眠ってしまってはもったいないので、お兄さんと話しを少々。

 

時期が時期だけに、花粉がツライという話題に。

 

すると、お兄さんも実は花粉症でした。

 

しかし、鼻をかみながらマッサージはできない。

職業柄こまる。

仕事にさしつかえる。

スポンサードリンク

 

花粉症対策のある食べ物

困ったお兄さんはいろいろ調べた結果、

らかんか顆粒

というものにたどり着いたそうです。

 

らかんか
中国原産のウリ科の植物。中国では煎じた汁を咳や喉の薬として用いる。砂糖の約300倍の甘味成分を含む。
(コトバンク 大辞林 第三版より引用)

 

 

また、砂糖の約300倍という強い甘みをもつが,カロリーは非常に低い。ストレスによる胃炎・腸炎や肝臓病,アトピー性皮膚炎,花粉症アレルギー性鼻炎,コレステロールや血圧の降下,呼吸器や喉(のど)の炎症などを軽減する効果もある。
(コトバンク 百科事典マイペディアの解説より引用)

 

※興味のある方は「らかんか 花粉症」でググってみてください。


朝のコーヒーに大さじ1杯いれて飲み続けたら、鼻水・くしゃみが驚くほど減ったと。

 

とても楽になったと。

 

らかんか 羅漢果 らかんか顆粒 花粉 花粉症




そのマッサージ屋さんでも「らかんか顆粒」を販売してました。

 

ぼくは「だまされたと思って」効果なくてもいいや、飲んでみよう、「らかんか顆粒」を購入。

羅漢果(らかんか)の効果

効かなくても、砂糖替わりになるからいいや。


言われたように、朝のコーヒーに大さじ1杯ずつ入れて飲みました。

 

しばらく経つと・・・・・・

 

鼻水が激減

 

これまで「ジュルル、ジュルル」と鼻をすすっていたのが、「スン、スン」くらいに。

 

鼻をかむこともあまりなくなりました。

 

あれ? 効いてる。すごく楽になった。

 

目もちょっとチカチカするくらいで、アイボンするほどでもない。

たかがこんな茶色い甘味料が花粉に効くだなんて。

病院で出す抗ヒスタミン剤のように、眠たくなることもない。

 

それ以来、花粉の時期になったらいつも飲み続けております。

鼻をかみまくる家族をしり目に、花粉は気にせずに。

 

羅漢果はダイエットにもオススメ

 

ぼくはやせ型なので気にしませんが、らかんかは甘味が砂糖の300~400倍あるのにほとんどカロリーがないそうです。

ぽっちゃり?体形やダイエット中の方にもオススメの甘味料です。


花粉症の方、ダイエット中の方、ぜひともお試しあれ。

 【クリック】↓↓

    

 

 ※効果は個人的な感想で、個人差があり、すべての人に効果が認められるわけではありません。 

結論:効き目はかなりありました。騙されたと思って飲んでみなされ。

スポンサードリンク

 

 

 

 

ご訪問ありがとうございました

ポチっとよろしくお願いします

  ↓

広島ブログ

にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ

オススメ記事 

www.fuku-utsuo.work