うつ病で引きこもり専業主夫の日々・育児ブログ

うつ病とアルコール依存症をわずらった無職、専業主夫のつらい父さんがイクメンになろうと家事や子どもの育児子育てに奮闘する 。闘病記・体験談あり

バレンタインチョコもらった?父親へは友チョコより少ないたった240分の2【父悩み】

スポンサーリンク

今年のバレンタインは手作りで

もうすぐバレンタインデーである。

 

世の女性陣が忙しくなる。

 

ぼくの歴代バレンタインデーの戦績は、というと。

 

小学校のころはいくつかチョコをもらったもんだが、中学では成果ゼロ

 

高校はほぼ男子校の工業高校だったため、やはり成果ゼロ

 

モテルやつは余るほどチョコをもらってるのをしり目に、歯がゆい思いをした。

 

 モテナイやつはまったくチョコをもらわないので、連帯意識が芽生えた。

 

そんなわけで、バレンタインデーは嫌いだ

 


ところで、うちの台所のカウンターにこんなものが3日くらい置いてあった。

バレンタインチョコ 材料


なんだが邪魔でしょうがないな、と思いつつ中身を触ってみると、ホワイトチョコ、カカオの粉末、包装紙などであった。

 

なるほど、女性陣のバレンタインチョコの準備であった。

 

長女ナナはまた、例年のごとくチョコを母親につくらせて、さも自分で作ったようにプレゼントするのかと思いきや、今年は違った。

 

 

作り方は母親に教わってはいるものの、次女チーと仲良く、いや仲たがいし言い合いしケンカしながら、二人で作り始めた。

 

男子にあげるという会話はでてこないので、ほぼ友チョコだろうか。

 

しかし、友チョコ、義理チョコともどもお菓子業界のマーケティング戦略に振り回されている。

 

もらったほうも何らかのお菓子や小物をお返しせねばならない。

 

お菓子業界の売り上げ時だ。

 

そんなバレンタインデーは嫌いだ

スポンサーリンク

 

手作りバレンタインクッキー

ところで、今年はチョコ味のクッキーを作るらしい。

ナナ、チーそれぞれの個数合計を電卓で計算していた。

計算した結果、240個作るらしい。

(男子は含まれているかどうかが気になるが、現時点では不明)

 

まず卵やバターや小麦粉で、クッキーの元ネタつくる。

バレンタインクッキー 作り方


クッキーの元ネタにカカオを混ぜてチョコ風味にしたものを、にゅるにゅる押し出し器でオーブンの鉄板に可愛らしくにゅるにゅるする。

バレンタインクッキー 作り方


で、オーブンに入れ、焼く。

 

焼いたあと、またデコレーション用のカラフルなにゅるにゅるペンでにゅるにゅる色を付けていく。

 

トッピング用のピンクやブルーの粉末をかけていく。

バレンタインクッキー 友チョコ

で、ほぼ出来上がり。

バレンタインクッキー 友チョコ


これを、ダイソーで買ったキラキラ包装紙でくるんでいく。

ぼくは寝てしまったが、嫁さん・娘たちは夜中までかかったそうだ。

スポンサーリンク

 

父さんには?

次の日。

 

朝、嫁さんが言った。

「ああ、昨日は疲れた。

 12時までかかって、やっとできたよ。

 2個あまったけー、食べてくんろ」

 

え?あまりもの?! Σ(゚Д゚)

 

240個もつくって、

お父さんの分はあまりもの2個!?

 

ぼく分のバレンタイン・クッキー

バレンタインクッキー 完成

 

本当にたったの2個であった。

 

本当に形がいびつで、あまり物であった。

 

お父さんは悲しくなった。

 

せめてウソでもいいから

お父さんの分、作ったよ!
と言ってほしかった。

 

あまり物と言ってほしくなかった。

 

だからバレンタインデーは嫌いだ!

 

まとめ:バレンタインをもらえただけ感謝しよう。 もらえない人もいるのだから。

スポンサーリンク

 

 

 

オススメ記事 

www.fuku-utsuo.work

ご訪問ありがとうございました

ポチっとよろしくお願いします

  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

広島ブログ