夫がうつで無職でつらいブログ

夫がうつ病で無職、専業主夫になってしまった。辛い副業、女の子の育児・子育てにがんばるブログ。闘病記・体験談あり。ぜひ読んで下され。 

スポンサーリンク

夢の話をする女、つまらないのになぜ話を聞かなきゃならないのか?

スポンサーリンク

夢、といっても「将来〇〇になりたい」とかいう夢ではなく、昨晩みた夢の話である。

 

ディズニーランドの夢の話

夜見る夢とは

ご存知のとおり、人間はレム睡眠中に夢をみる。

 

一晩で、10分か15分の夢を3~4回みる。(たしか)

 

夢は脳の短期記憶部で記憶されるため、起きたらほとんど覚えていない。

 

爆睡して、「昨日はぜんぜん夢を見なかった!」と思っても、実は見ていて忘れているらしい。


ところが、うちの女性陣は、夢をしっかりと覚えている。

 

その夢の内容をとくとくと語りだす。

 

夢の話はうざいのに、それに対して男性陣は、どう対応してよいものだか分からない。

 

無視するわけにもいかず、とても困る。

 

夢の話をする女

例えば。


嫁さん「昨日ねえ、ディズニーランドに行った夢をみたんよ」

 

ぼく「へぇー」 

 

始まった・・・・・・

 

「スプラッシュマウンテンに乗ろうと思ったんだけど、2時間待ちだったんよ」

 

ほぉー」 (ま、そんなもんでしょ)

 

「途中でトイレに行きたくなってねえ」

 

へぇー」 (そりゃこまった)

 

「ずっと我慢しとったんだけど、我慢できんくてね」

 

ほぉー

 

「ハッと目が覚めたら、本当にトイレに行きたかったんよ」

 

へぇー

 

「ディズニーランドの夢、しょっちゅう見るのに、

 乗り物に乗れたことがない。

 いっつも途中で目が覚めてトイレにいくんよ」

 

ほぉー」 (そりゃ年だからでしょ)

 

どうしても、毎回ディズニーランドの夢を見るらしい。

 

もう5回以上は行ってるのに、まだ行きたいらしい。

 

なぜ夢にみるほど行きたいのか。

 

ディズニーマジックなのか。

 

ウォルト・ディズニーに聞かせてあげたい

 

そしてうまらないのになぜ話を聞かなきゃならないのか?

 

とにかく女性は話を聞いてほしがるため、相づちだけでも打っておこう。

長女も夢の話をする女

長女ナナもよく夢の話をする。


ナナ「昨日ねえ、すごい夢を見たんよ」

 

ぼく「へぇー」 

 

始まった・・・・・・

 

「起きたらねえ、人類が絶滅しとったんよ」

 

えらいストーリーだな。

 

「なんで絶滅?」 

 

「人類がねえ、みんな細菌に侵されて、絶滅したんよ」

 

バイオハザードですか。

 

人類全滅の夢の話

フリーフォト写真ACより引用

 

スポンサーリンク

 

「それで、うちとモコだけ生き残ったんよ」

 

なんであんたとトイプードルが生き残る?

 

「人類が襲ってくるから、どんどん逃げたんよ。

 そしたら船があったけ、乗ったんよ」

 

「ほぉー」

 

「そしたら船がね、真っ二つに折れて沈んだんよ」

 

タイタニックですか。

 

「ボートに乗って浮かんでたらねえ、そしたら魔法使いの男の子が魔法で救ってくれたんよ。」

 

ハリーポッターですか。


どうも長女は、映画の影響を受けやすい。


とにかく、家にいるときも、車を運転しているときも、関係なく昨日の夢の話をしてくる。

 

お父さんは話はつまらないと思いつつも、どう答えたらよいかわからず、てきとうに相づちをうつ。

 

つまらないのになぜ話を聞かなきゃならないのか?

 

楽しくもなんともなく退屈だ。

 

できれば止めてほしい。

 

しかしとにかく女性は話を聞いてほしがるため、相づちだけでも打っておこう。

まとめ:夢の話でも女性が話しかけてくるだけありがたいと思おう

スポンサーリンク

 

 

【オススメ記事 】どうぞ

www.fuku-utsuo.work