うつ病父さんほんわか2姉妹子育て記

10年前にうつ病をわずらった現在無職の父さんが、思春期姉妹の育児に奮闘する!?

姉を姉ともおもわない妹

 


世の中の長男・長女はだいだいにして

「よくできた子ね」

「お利口さんね」

と言われる。(ような気がする)

 

それは、小さいころから弟・妹たちの面倒を見て、一緒に遊んであげて、一緒にお風呂にいれてあげて、着替えさせて、寝かしつけて。

なんならお母さんの家事を手伝って、お茶碗洗ったりお風呂を洗ったり。

 

そうやって成長していくうちに、本人は気がつかないうちに、だんだんと「よくできた子」と言われるようになる。(と、思う。ぼくがそうだった)

 


次男・次女・末っ子は逆だ。

両親からベタベタに可愛がられ、上の子に面倒を見られ、甘えてそのうちヤンチャになり、

「元気があっていい子ね」

としか言われないようになる。(ような気がする)

 


ところが、うちの長女ナナ(高2)は違う。

長女のくせに、妹の面倒はいっさいみなかった

トイプードルのモコは可愛がるが、面倒はいっさいみない。

スマホばかり見て、家事はいっさいしない。

かといって勉強できるかというと、成績はビリでクラス最下位

 


次女チー(小6)のほうはしっかりしていて、家に帰ったら宿題をちゃんとやり。

モコの面倒をみ。

晩御飯のしたく、味噌汁をつくったりなんかする。

チーのほうが、よっぽどかお姉さん。

 


そのせいだろうか、チーは姉を「お姉ちゃん」とはいっさい呼ばない。

「ナナ、ナナー、」

と呼び捨てにする。

まったく姉とは思っていない。

これはもう、自業自得だろう。

 

スポンサードリンク

 

ところで、うちの女性陣の出勤・通学時間はだいたい朝7時半から。

なので、7時くらいから、洗面台が混みだす

洗面所 洗面台 鏡台


嫁さんが髪を整え、メイクをはじめる。

 

次いでチーが、髪を整えはじめる

 

そこへ、ナナが割り込んでくる。

 

こんな狭いところに、3名が我さきに、我さきにとカガミの奪い合いがはじまる。

誰もゆずらないので、押し合いへしあい。

母 姉 妹 洗面所 イラスト


そしてだいたい、あとから割り込んできたナナと、最初から使っていたチーがこぜりあいになる。

「もう、あっちよけて!」

「そっちこそ、あっちよけてや!」

「うちが先に来たんじゃけー!」

「うちは時間が無いんじゃけー!」

 

時間が無いのなら先にしろ

 

そして今朝、ついにチーがブチキレた

 

姉に向かって、

 

 

「あっちいけ!このブス女!!」

 

 

え・・・・・・