夫がうつで無職でつらいブログ

夫がうつ病で無職、専業主夫になってしまった。辛い副業、女の子の育児・子育てにがんばるブログ。闘病記・体験談あり。ぜひ読んで下され。 

スポンサーリンク

睡眠薬140錠を酒で一気飲みし死のうとした 不幸な家庭にした話3

スポンサーリンク

うつ病が辛く、睡眠薬を酒で流し込む日々

 20代中ごろにうつ病と診断されまして。

 

会社に行くには行ってましたが、うつ病が辛くてとにかくもう生きているだけが精一杯だった。

 

まいにち1シート(12錠)分の抗うつ薬1シート分の精神安定剤、まいばん10錠の睡眠薬をウォッカやジンなどの酒で一気に胃に流しこむ。

 

気絶するように眠り込む。

 

そんな毎日を送っていました。

 


なにをしても、「楽しい」という感情がわかない。

 

「辛い」「苦しい」といった負の感情だけを感じる。

 

生きていくのがしんどい。

 

生きていくのが辛い。

 

それからというもの、定時で退社したらすぐになじみのバーへ駆け込むようになり。

 

そこでキツいバーボンをたのんで一気飲みし、ムリヤリ酔って辛さをまぎらわす。

 

そんな毎日の繰り返しでした。

 

睡眠薬を酒で一気飲み

フリーフォト足成サイトより引用

嫁との出会い


今の嫁さんとはそのバーで出逢いました。

 

「いつも片隅で物静かに飲んでいるあの人はなんだろう」

 

そんなふうに見ていたようです。

 

物静かでしゃべらないのはうつ病だからです。

 


泥酔した、ぼくのほうから声をかけました。

 

次の次の日、彼女がうちにきました。

 

そんなふうに付き合いが始まりました。

 

しかし、ぼくが重いうつ病なのがタイミング悪かった。

睡眠薬140錠を酒で一気飲みし死のうとした

生きていくのがあまりにも辛かったぼくは、つねづね

 

「もう、死にたい

 

と思うようになり、ある日、2週間分の睡眠薬140錠を酒て一気飲みし死のうとしてしまいました。

  


・・・・・・ところがぼくは死ななかった。

 

ドラマのように死ねなかった。

 

たぶん医者が、うつ病患者はこうすることは想定内で、死なないようなクスリの出し方をしたのだと思われます。

スポンサーリンク

 

 

【次記事もどうぞ】

www.fuku-utsuo.work